メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

即位の礼で記念硬貨検討 1万円金貨など

2018年秋以降の主な記念硬貨の発行スケジュール

 政府は2019年10月に行うことを検討している皇太子さまの即位の礼に合わせ、記念硬貨を発行する検討に入った。19年は、天皇陛下の在位30年となる1月や4月末の退位で別途、記念硬貨を発行することも想定している。即位の礼で発行するのは、1万円金貨と500円ニッケル黄銅貨。一連の日程が決まり次第、詳細な検討に入る。

 1990年11月に行われた現在の陛下の即位の礼では、10万円金貨200万枚と500円白銅貨3000万枚の2種類を発行した。金貨は表に鳳凰(ほうおう)と瑞雲(ずいうん)、裏に菊の紋章と桐(きり)、唐草が描かれ、白銅貨の図柄は皇室パレードで使われる特別御料儀装車が施された。高額面の金貨を巡っては、86、87両年に発行した昭和天皇在位60年記念10万円金貨で偽造事件が起きたこともあり、現在は1万円以下…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その1) 異業種派遣のJAL系社員 工場から見上げる空

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです