メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩波書店

「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力

「広辞苑第七版」。左が普通版、右は机上版。
辞書編集歴20年以上の岩波書店、平木靖成さん=小国綾子撮影

 “言葉の百科事典”とも言われる「広辞苑」が10年ぶりに改訂され、今月12日に出版される。<へそくりは妻の読まない広辞苑>なんて川柳を新聞の片隅に見たことがあるけれど、広辞苑を開かないのはもったいない。岩波書店辞典編集部副部長で辞書編集歴20年余の平木靖成さん(48)に聞いた、広辞苑の知られざる魅力とは……。【小国綾子/統合デジタル取材センター】

言葉の歴史がわかる辞書

 「日本語を習いたての外国人の方には勧めませんね」

 平木さんのこんな一言に一瞬、面食らった。

 数々の国語辞典の中で「広辞苑」ならではの特徴を一言で言い表して、と頼んだ時の平木さんの返事がこれだったのだ。

 す、すすめない、ですか?

 「ええ。例えば、『やさしい』という言葉を引くとしましょう。広辞苑では最初に『身も痩せるように感じる。恥かしい』と書かれています。そういう辞書なんです」

 実はこれ、「広辞苑」の大きな特徴の一つという。言葉の本義を冒頭に記す、つまり一つの言葉について複数の使われ方が派生した場合、現代の使われ方を優先するのではなく、元々の意味から順番に記すのが広辞苑の鉄則なのだ。

 この点は、収録項目数で差のない中型辞典「大辞林」(三省堂)とも大きく異なる。「大辞林」では逆に、現代社会で一般的に使われている意味の方から記していく。だから、例えば「やさしい」は「穏やかで好ましい」や「思いやりがあって親切だ」という意味が最初の方に書かれている。

 平木さんが「日本語学習初心者には勧めません」というのも、そういうわけ。日本語を習いたての外国人が恥ずかしい時に「やさしい! やさしい!」と叫んだら大変だから。

 でもこの点こそが、広辞苑の矜持(きょうじ)でもある。「広辞苑を引けば、それぞれの言葉の持つもともとの意味や概念、そして使われ方の歴史が解き起こされるのです」。平木さんは誇らしそうにこう言うのである。

 今月発売される広辞苑第7版は、普通版が9000円(6月30日まで8500円)。字を大きくし、2冊+付録の計3冊を1組みにした机上版は1万4000円(同1万3000円)。収録項目は、基礎語や日常語から外来語、専門語、そして新語や地名人名まで約25万語。このうち約1万語が今回の新規収録分だ。全部で3216ページ。付録も入った箱の厚さは10センチ、重さはなんと3・3キロ……漬物だって漬けられそうだ。

 もっとも、こんな「広辞苑」ですら、辞書の分類では「中型辞典」。ちなみに日本の国語辞典の世界で「大型」に分類されるのは「日本国語大辞典」(小学館)だけ。こちらは別巻1冊を含め全14冊、収録項目は50万語、100万用例なんだとか。

「ほぼほぼ」は落選

 広辞苑にはもう一つ、大きな特徴がある。それは、「定着した言葉だけを選ぶ。最先端の言葉を勇み足で採用しない」という点だ。

 例えば、今回の第7版で新たに収録することになった項目の中で、時代を映した現代語にはこんなものがある。

 「いらっと」「上から目線」「お姫様抱っこ」「口ぱく」「小悪魔」「ごち」「婚活」「自撮り」「勝負服」「乗り乗り」「無茶振り」

 これらのうち「口ぱく」「ごち」「勝負服」「乗り乗り」は、「大辞林」の場合、10年以上前の2006年改訂版にすでに収録されている。

 広辞苑第6版が10年前に改訂された時には収録が見送られたが、今回、十分に定着したと判断され、第7版で収録されることになったのは、「エントリーシート」「がっつり」「クールビズ」「コスプレ」「モラルハラスメント」など。

 逆に、今回も見送られたのは「アラサー」「アラフォー」「アラフィフ」「がん見」「ググる」「つんでれ」「ディスる」「ほぼほぼ」「ゆるキャラ」などだ。

 ちなみに「ほぼほぼ」は「大辞林」を発行している三省堂が一昨年末、その年を代表する言葉として「今年の新語2016」の大賞に選んだ言葉だったのだが。

 いずれにせよ、「広辞苑」はトレンドの先頭を狙いに行く辞書ではない。むしろ逆。だからこそ、「広辞苑に載っている」というのは「言葉が定着している」ことの証左といえる。平木さんは「広辞苑に載っているかどうかを、その言葉がどの程度定着しているかの判断基準にし、その範囲内に納めると無難、というように使っていただけるとありがたいですね」とアドバイスする。

秘伝のタレ

 ところで、辞書の改訂とは、どういう作業なのか。

 今回は新たに約10万の項目候補から1万を選んで、各界の専門家に新たに原稿を書いてもらった。すでに収録されている言葉についてもすべて専門家にチェックしてもらい、必要な部分は書き換えた。それが25万語、である。

 新たに10万語……というが、どうやって膨大な言葉たちを集めるのだろうか。

 平木さん、とびきりの秘密を打ち明けるみたいにいう。

 「『秘伝のたれ』みたいなものがあるんです。ほら、何十年も継ぎ足し継ぎ足ししてきた、老舗のうなぎのタレみたいな……」

 思わず、巨大なつぼのようなものを想像してしまった。

 「過去の改訂作業で候補には上ったけれども、収録にいたらなかった言葉たちがもう、10年以上も蓄積され、改訂のたびに再検討されているんです」

 ちなみに、そのタレには何語くらい含まれるんですか?

 「さあ、どうでしょう。何万、としか……。絶えず追加していますから」

 秘伝のタレのつぼに言葉が加えられる経緯はいろいろだ。平木さんら編集者や各分野の筆者が収集した言葉ももちろんあるが、時には読者からの「こんな言葉が入ってないんですが……」という電話がきっかけになることも。

 「意外な言葉を見落としていることがあるんですよ」と平木さん。実際、今回の第7版で初めてお目見えする言葉には「惚れ直す」「分刻み」「圧雪」なんてのもある。どれも別に新語でもないし、昔から使っている気が……。

 「灯台もと暗し、と言いますか、当然入っているだろうと思っていたら未収録だった言葉がもう、改訂のたびに出てくるんです。第6版の時は『血流』を入れました。小難しい医学用語は検討段階ですぐに上がるのに、まさか誰も『血流』が未収録とは気付かなかったんでしょうね」

 こんな話を聞かされると、つい、広辞苑に載っていない言葉を探して編集部に電話したくなってしまうじゃないか。

 岩波書店で広辞苑の編集を担当した方の書いた本「辞書の仕事」(著・増井元)によると、庭園にある「水琴窟」や、世界で一番大きな花「ラフレシア」なんかも、読者からの問い合わせがきっかけで広辞苑入りしたそうだ。採用された人がちょっとうらやましい。

新語入りから見る歴史

 約10年に1度の頻度で改訂されてきた広辞苑の「新語」を振り返れば、そのまま人々の暮らしや社会の移り変わりが見えてくる。古い毎日新聞や週刊誌などの記事に、当時の「新語」の数々を拾ってみた。

 1955年の初版出版の後、まず69年に2版改訂、さらに76年に2版の補訂版が出た。2版の補訂版について、サンデー毎日は<『親方日の丸』から『ポルノ』まで>という見出しで、広辞苑の新語に「激動の70年代」が見えてくる、と報じた。

 ちなみにこの記事によると、2版補訂版で新たに収録されたのは「車椅子」「二枚腰」「パンタロン」「ヘドロ」「カセット」「ピル」……。

 続く第3版(83年)では「サラ金」「カラオケ」「ディスコ」「学歴社会」「熟年」「宅配」「嫌煙権」「五月病」「ロッキード事件」が収録された。当時、若者の間で流行していた「はくい」「まじ」「びびる」は語源をたどると江戸時代など歴史があるため収録されたが、「ナウい」は三版では落とされた、などと報じる新聞記事も。

 第4版(91年)では「いまいち」「断トツ」「丸文字」「セクシャル・ハラスメント」「過労死」「フリーター」「バブル」などが収録された。

 第5版(98年)では、第4版で新語入りした「セクシャル・ハラスメント」の省略形「セクハラ」も新たに見出し語に。ほかにも「夫婦別姓」「茶髪」「ストーカー」「分煙」「まったり」「素っぴん」「どたキャン」「ぷっつん」「とほほ」が新たに収録された。

 当時の記事によると、この版で“落選”した言葉に「援助交際」と「コギャル」があった。ちなみに第6版では、「援助交際」は「援助」の項目の中に説明がある。一方、「コギャル」は今にいたるまで落選中だ。

 前回の第6版(2008年)では、「ラブラブ」「めっちゃ」「いけ面」「癒し系」「メタボリック症候群」「うざい」「どんぴしゃり」「カミングアウト」「ネットサーフィン」が新語入り。一方、「萌(も)え」は定着しているとはいえない、と見送られたという。

 だから第6版を開けば、「萌え出づ」も「萌え木」もあるけど、「萌え」はない。

 ところで、今回の改訂で「萌え」の行方は?

 「入れました」と平木さん。「第6版時点では、『萌え』は一部のマニアックな人やオタクな方々だけで使われているようにも見えましたし、『萌え』という品詞なのか、『萌え~』という感嘆詞なのか、用法も安定していませんでした。しかし、最近は『○○萌え』など接尾辞的な用法も定着。言葉は使い方が安定すると、より広まるものですから、今回は十分に社会に定着した言葉と判断したのです」

 広辞苑入りするというのは、こんなに大変なことなんだ。

消えた言葉も落としません!

 逆に、改訂を重ねるうちに消えていった言葉たちから、どんな時代が読み取れるのだろう。

 今回の改訂で消える言葉にどんなものがありますか? そんな質問を向けると、平木さんは言う。

 「マスコミの皆さんは常にそこに興味がおありなんですがねえ。テレビなどはもう、『あああああ! そんな言葉もあったねえ、懐かしい!』みたいな番組を作りたいんですね。でもね、皆さんが懐かしがるような、記憶に残っているような言葉は、私たち、ぜーったい落としません!」

 「絶対」という言葉に、あまりに力がこもっていたので、思わず私、けおされて、拍手してしまった。

 実際、今回外された言葉のほとんどは「懐かしい!」どころか、たいていの人にとっては「そ、そ、そんな言葉聞いたことないです……」といった言葉ばかりなんだそうだ。

 もちろん知ってる言葉が落ちることもある。それは複合語。例えば「給水ポンプ」がそれだ。「給水」も「ポンプ」も収録されているから、いいだろう、と。

 「ガガイモ科」も今回、選に漏れた。なぜか。植物学の遺伝子解析による分類組み直しによって、ガガイモ科は存在しなくなり、キョウチクトウ科になったからで、しかも「ガガイモ」は収録語に残っているから、という。

 「広辞苑は源氏物語や万葉集の古語すら載っている辞典なんです。今はもう使わないから、なんて基準で削除はしないし、したくもない」。平木さんは語気強く述べた後、にっこり笑顔でこう言い切ったのだった。

 「ですから『フロッピーディスク』や『ポケベル』なんかを落とすようなことは、広辞苑は絶対にしないんです!」

 あまりに潔く、きっぱりと言い切るものだから、ちょっと感動してしまったのだった。

「世界」に載った広辞苑の広告=東京本社で2017年12月22日、和田大典撮影

戦火に燃えた原稿と版下

 「広辞苑」は、高名な言語学者で国語学者の新村出(しんむら・いずる)さんと、その息子でフランス文学者の猛(たけし)さんの二人三脚で生まれた。出さんは1935年、国語辞典「辞苑」を出した後、その6年後の41年を目標に改訂作業に入った。

 しかし、作業が完了する前に日本は戦争に突入。完成し、編集室に保管されていた改訂原稿が、45年4月13日の東京山の手地区大空襲で一夜にして焼失。さらに共同印刷が焼夷(しょうい)弾の直撃を受け、地下室に保管してあった印刷用の紙や活字組み版まですべて燃えてしまった。

 せめてもの救いは、校正刷りが京都の新村親子らの手元に残っていたこと。しかし戦後の改訂作業はほぼ一からのスタートだった。現代仮名遣いが採用され、「をとこ」や「をんな」は「おとこ」「おんな」に。「アルバイト」「ノルマ」など外来語も増えた。戦後の世相や暮らしを反映し、「闇市」「筍生活」「輪タク」「脱脂粉乳」などの新語も加わった。

 結局、改訂版が「広辞苑」と名前を変えて出版されたのは55年。終戦から10年の年月が流れていた。

 55年5月、ようやく発売された広辞苑の定価は2000円。公務員の初任給が9000円ほどの時代に、しかしその年のうちに12万部が売れた。

 当時の記事や広告から、その時代の熱が読み取れる。大ニュースだったのだ。

 作家、川端康成さんは広辞苑を「終生机上師友」と呼び、宮尾登美子さんは上京するとき、一切の蔵書を売り払ったのに広辞苑だけは手放さなかった、という逸話が残る。

左手で持てなくなったら筆を折る

 中でも作家、井上ひさしさんの文章はなかなかすごい。1988年4月号の文芸春秋に第1版を入手した当時の感動を振り返り、こう綴っている。

 <全日本人の生涯がこの一冊の中で営まれるのだ>

 <広辞苑は敗戦国日本が文化的にも回復しつつあることを本という具体的な形で同胞に語ってくれていたのだ。頁風(ページかぜ)を立てるたびに二三二〇の全頁から立ちのぼってくるのは、われわれは日本語を使って生きる民族であるという誇りと覚悟であった>

 <広辞苑を左手で持ちながらものを書くことができなくなったときが、物書き業を廃業するときということになるだろう>

 一番感じ入ったのは次の文章に触れた時だ。思わず声に出して読み上げてしまった。

 <広辞苑を通じて、生れてはじめて日本語というものを、そしてその日本語を使って恋をしたり喧嘩をしたり騙したり騙されたり励ましたり励まされたりして生きている人たち、一口でいえば日本人というものを実感したのである>

 言葉に生きる文筆家たちにとって、「広辞苑」は一冊の辞書に終わらない、もっと深い意味を持つ存在だったのだろう。

 「なんかちょっと、胸熱だな」と独りごちて、ふと思った。「胸熱」って広辞苑に載ってるんだろうか。

 広辞苑第6版を開けば、「棟上げ」や「胸当て」はあるけど、「胸熱」の項目はなかった。でも「胸」という見出し語に「胸が熱くなる」という表現はもちろん収録されていた。

辞書編集、というお仕事

 平木さんは岩波書店入社1年目に宣伝部で1年働いた後は辞典部に異動。それ以来、一度の異動もなく辞書や辞典づくりに携わってきた。辞書一筋、という経歴は同社でも珍しい。

 平木さんは、スマートフォンも携帯電話も持たない。メモをするのはもっぱら小さな革表紙の手帳だ。手帳の左側はスケジュール帳、右側は自由帳。気になる言葉を見つけると、この手帳の右側に次々と書き込んでいく。

 世相を映した新語の収集もまた、辞書編集者の大切な仕事だという。

 すこしだけ手帖を見せていただいた。例えばあるページには、<美築>なんて言葉が。

 「あ、これ。不動産屋さんの紹介記事というか看板にあったんですよ。美しい建築、という意味ではないですよね。『東京スカイツリーは美築だ……』とは言わない。むしろ『美築』には、新築じゃない、古い割には美しい、という意味が含意されているのではないかな、と思って」

 ほかにも「学童(2)」「ヴィーガン」(完全菜食主義者)と書き込まれたページがあった。

 「『学童(2)』とあるのは、小学校に通う子ども、という本来の意味だけでなく、学童保育という意味もあるなあ、と思って。調べてみましたら、第6版には掲載されていませんでしたが、第7版の見直しにすでに、(3)として採用されていました。『ヴィーガン』はピックアップしたけど、今回は入りませんでした」

 どんな業界にも、ライバルの存在がいる。他社の辞書が改訂版を出せば、どんな言葉が新たに加わったのか、当然気になる。平木さんが忘れられない言葉は、「うん」という言葉だという。

 「ほら、あるでしょう? ウン十とか、ウン百とか、数字をぼかす時に使う『うん』。あの言葉が確か、三省堂さんの辞書に入ったのを見た時は、くそーっと思いましたね」

 よほど悔しかったのだろう、「くそー」の言葉にやたら力が入る。

収録されてうれしかった言葉は?

 一つ、聞いてみた。辞書編纂(へんさん)人生20年余で、収録されて本当にうれしかった言葉はありますか? 個人的な思い入れのあった言葉だとか……。

 平木さん、うーん、としばらくうなったあと、思いついたように「ふふふふ」と一人笑いし、「戦国時代の山城で滝山城というのが東京・八王子市にあるんですけど……」と切り出した。

 「滝山城は、北条氏にとってはそれなりの重要拠点なんですが、その滝山城と同じくらい重要な城が、埼玉県寄居町の鉢形城です。ところが鉢形城はすでに広辞苑に収録されている。だったら滝山城も入ればいいなあ、と」

 話すうち、妙に熱が入ってくる。なぜそこまでの思い入れがあるんですか?

 「子どもの頃、その城跡でよく遊んだ思い出の場所なんです。だから滝山城が収録されたらいいなあ、とひそかに思っていましたら、今回の第7版の改訂の時に、日本史担当の著者が選んでくれたんです。あれは、うれしかったですねえ」

 すごい。圧倒された。辞書編纂の仕事とは、すべての分野に造詣深く、北条氏の城の一つひとつにまで通じていないとできない仕事なのか、と。

 そしたら平木さん、「いえいえ」と笑いながら否定した後、少し照れた表情でこう付け加えたのだった。

 「いや、これは単に私が……北条オタクなもので」

 歴史オタクとか城オタクではなく、「北条オタク」と言うあたり、なかなか奥深そうな世界だ。

 この道二十余年の平木さんだって、「広辞苑の収録項目では、知らない言葉の方がずっと多い」という。確かに、広辞苑を開けば、聞いたこともない言葉のオンパレードだ。だからこそ面白い、とも言えるんじゃないかな。

広辞苑第六版の「あ」の項目。「嗚呼(ああ)」に始まるにあらず……=東京本社で2017年12月22日、和田大典撮影

ヌード写真集より売れた!

 広辞苑は1955年発売以来、通算販売部数は1100万部を売る隠れたベストセラー、というのも今回の取材で初めて知った。

 集めた古い記事の中に、すでに廃刊した「朝日ジャーナル」の91年11月22日号があった。記事の書き出しは、こんな風だ。

 <この秋、出版界の話題は「宮沢りえ」と『広辞苑』。どちらも、発売前からミリオンセラー確実といわれている>

 「宮沢りえ」というのは女優、宮沢さんが18歳で発表した衝撃のヌード写真集「Santa Fe」のこと。たちまち150万を超える大ヒットとなったことは覚えていたが、まさか希代の女優のヌード写真集と並び称されるのが「広辞苑」だったなんて。実際、この時の第4版は220万部売れた。「Santa Fe」は今までに165万部だから、最終的な軍配は広辞苑に上がる。

 とはいえ、さすがの広辞苑も部数は少しずつ減ってはいる。インターネットで言葉の意味も類語も簡単に検索できる時代だ。“紙離れ”はどうやっても止められない。発行部数は第4版で220万部、第5版で100万部、第6版では50万部。一方、今回の第7版は「今年6月までに20万部が目標」という。

 最後に。<へそくりは妻の読まない広辞苑>とは別に、広辞苑を詠んだ川柳はないかと探していたら、有名なのが一つあった。

 <人の世や嗚呼(ああ)にはじまる広辞苑>(橘高薫風)

 なるほど。人生も辞書も「ああ」で始まるなんて、すてきじゃないか、と大真面目に広辞苑を開いてみたら……。

 「あ」が一文字だけの見出し語が11項目、ずらりと並んでいる。さらに「ああ」が3項目も。結局、「嗚呼」は合計14番目の項目で、広辞苑はちっとも「嗚呼にはじまる」ではなかったのだった。

 恐るべし、広辞苑。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
  3. 熊本地震 生活保護打ち切り 376世帯、義援金など理由
  4. 弘前さくらまつり 開幕 花見客、昨年の2倍以上25万人
  5. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]