メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦順位戦 増田康宏四段-高見泰地五段 第2譜

顔を見なかった

 高見と増田は「ひょっとして兄弟?」と思わせるほど顔のイメージが似ているが、どちらかと言えば高見が猫顔、増田が犬顔に近いだろうか。

 局後、「対戦相手の顔を見なかったのが勝因かな(笑い)」と高見は冗談交じりにつぶやいた。これは新人王2連覇中の強敵だと意識し、萎縮したくなかったからだろうか。

 [先]2九飛[先]4八金型が現代調の角換わりの駒組みだ。互いに似た格好から高見が[後]6五歩と仕掛…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです