メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆかりの名士展

きょうから湘南編 徳富蘇峰記念館 /神奈川

 徳富蘇峰記念館(二宮町二宮)で5日から、「相模湾沿岸地域ゆかりの名士(湘南編)」展が始まる。鎌倉や葉山など湘南地域に住んだり訪れたりした政治家、宗教家、文学者らが徳富蘇峰に宛てた書簡や書軸など約80点を紹介する。一昨年の「大磯編」、昨年の「西部編(二宮町から静岡県下田市)」に続くゆかりの名士展で最終章となる。

 平塚から横須賀までの名士との交流の深さが分かる内容。ほとんどが和紙に毛筆で書かれたもので、漢詩の添削の返信を待ちわびる政治家の後藤新平や松方正義、宗教家の釈宗演、俳人の高浜虚子らの手紙を展示している。

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです