メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

花園のラガーマン /静岡

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会が開かれている東大阪市花園ラグビー場で、この原稿を書いている。県代表の東海大翔洋は惜しくも2回戦で敗退したが、全国の高校ラガーマンが日本一を目指し、体をぶつけ合っている。

 ラグビーは野球やサッカーなど他の球技と違い、コンタクト(接触)プレーがルール上、許されている。経験者として現役時代を振り返ってみても、突進してくる相手にタックルすれば肩は痛いし、転倒して頭を打ったことも何度もあった。大会2回戦。Aシードの京都成章(京都)と東北の古豪、黒沢尻工(岩手)の試合を取材してい…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 情熱大陸 「全裸監督」でブレーク 女優・森田望智に完全密着 体当たり演技で注目を浴びたヒロインの素顔に迫る

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  4. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  5. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです