メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高知酒造

民事再生法を申請 負債3.5億円、事業は継続 /高知

 日本酒「瀧嵐」で知られる高知酒造(いの町)が民事再生法の適用を高知地裁へ申請した。帝国データバンク高知支店によると、負債総額は2017年9月期末時点で約3億5000万円。申請は先月19日で、地裁は27日に民事再生手続きの開始を決めた。自動車販売や飲食事業などを手掛ける「ジーライオン」(神戸市)グループの支援を受ける予定で、事業は継続する。

 高知酒造は戦時中の1943(昭和18)年、政府による企業統制で、高知市・長岡郡・吾川郡・土佐郡の1…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文499文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立てこもり 刃物?持った男が代々木の居酒屋で
  2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  3. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  4. アイス ピノがCMをやめた理由
  5. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]