文・韓国大統領

日韓合意「全て誤り」 元慰安婦に謝罪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル米村耕一】韓国大統領府によると、文在寅(ムンジェイン)大統領は4日昼、元慰安婦8人や支援団体の関係者と懇談し、2015年の慰安婦問題に関する日韓両政府合意に関し「みなさんの意見を聞かず、意図に反する合意をしたことを大統領として謝罪する」と述べた。また、合意を「真実と正義の原則に反し、内容と手続きの全てが間違っていた」と強い調子で批判した。一方、一部の元慰安婦らが求める破棄や再交渉は、容易でないとの認識も示した。

 合意の取り扱いについて、韓国政府は康京和(カンギョンファ)外相直属の作業部会が昨年12月に公表した合意に批判的な検証結果を受け、今月初旬にも決定する。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文588文字)

あわせて読みたい

注目の特集