米韓合同軍事演習

五輪中の演習見送り 南北対話へ米援護 緊張緩和に期待

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は4日、2月の平昌冬季五輪期間中の米韓合同軍事演習の延期を受け入れ、韓国が今月9日の開催を提案した北朝鮮との南北会談実現に向け「側面援護」する形となった。

 合同演習の延期は、北朝鮮の平昌五輪参加を模索する韓国が要請。マティス米国防長官も受け入れに含みを持たせていた。北朝鮮は中止を要求している。

 トランプ米大統領が今回、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領との電話協議で延期に合意した背景には、国務省や国防総省の現実派の判断があると見られる。米朝間は「核戦争に近づいている」(マレン元米統合参謀本部議長)と言われるほど緊張しつつあり、その緩和に演習延期や南北会談が一定の役割を果たしうるとの考えだ。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文602文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集