メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

3選、改憲へ 首相、基盤強化狙う

年頭記者会見に臨む安倍晋三首相=三重県伊勢市で2018年1月4日午後2時26分、木葉健二撮影

 9月の自民党総裁選は2012年以来の選挙戦になりそうだ。17年衆院選での大勝を背景に、安倍晋三首相(自民党総裁)の3選が有力との見方も強いが、長期政権となっているだけに、これまでの政権運営の結果が問われる機会にもなる。首相が年内の発議を目指す改憲論議の行方もまだ見通せない。

 ◆総裁選

世論の動向、注意払い

 「2020年、さらにその先の未来を見据えた日本の国造りに向けて今、大きな一歩を踏み出した」。安倍晋三首相は4日の年頭記者会見で長期政権に向けた意欲をにじませた。9月の自民党総裁選への3選出馬については明言は避けたものの、政府筋は「他の候補者の動きを見ながら、通常国会後、出馬表明のタイミングを探るだろう」と語る。

 総裁選を巡っては、石破茂元幹事長が1日に鳥取市の地元事務所で「期待に背かない自分でありたい」と出馬…

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文2125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです