メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「テロの温床」の地で考える 自立支援で分断克服を=八田浩輔(ブリュッセル支局)

モレンベークにあるIT支援事業の拠点で利用者たちと話し込むウアサリさん(右)=ブリュッセルで2017年11月6日、八田浩輔撮影

 欧州で「ホームグロウン(自国育ち)」のテロが続く。容疑者の多くは移民にルーツを持ち、欧州の世俗的な社会で育った若者たちだ。過激派組織「イスラム国」(IS)はシリア、イラクで「壊滅」寸前と報じられるが、今年も欧州はテロから逃れられないだろう。過激思想に傾倒する若者の多くは社会・経済的に恵まれない層で、ISは彼らの受け皿の一つにすぎない。

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2060文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです