特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

社説

北朝鮮が五輪で揺さぶり 文政権は意図を見誤るな

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国際的孤立を打破するために平和の祭典を利用する。北朝鮮のそんな思惑が透けて見える。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が新年の演説で、来月開かれる平昌冬季五輪への参加を示唆した。韓国の文在寅(ムンジェイン)政権はこれを歓迎し、南北当局者会談の開催を提案した。

 対話の呼びかけを繰り返してきた文政権にとっては初めての前向きな反応だ。北朝鮮が韓国の提案に「呼応した」という文大統領の評価には高揚感すら感じられる。

 五輪参加をめぐる南北対話は実務的に必要だろう。北朝鮮の参加は、少なくとも大会閉幕までミサイル発射や核実験を自制するのではないかという観測にもつながる。

 ただし、北朝鮮が純粋に五輪を盛り上げようと考えているとはとても思えない。むしろ、五輪を成功させたい文政権の事情につけ込んだ揺さぶりと見るべきだ。

 金委員長は五輪成功を「心から願う」と語り、南北関係改善への意欲を強調した。一方で、米国に対しては米本土を核攻撃できると主張して敵対姿勢を示した。

 読み取れるのは、同盟関係にある米韓の離間を図ることで自らの立場を有利にしようとする計算である。北朝鮮はこれまでも同様の試みを繰り返してきた。

 南北対話が始まれば、北朝鮮は米韓合同軍事演習の中止を五輪参加の条件として持ち出してくる可能性がある。韓国による独自制裁の解除を求めてくることも考えられる。

 だが五輪は、核・ミサイル問題での取引材料になるようなものではない。文政権は五輪の政治利用を許さない姿勢を明確にすべきだ。

 北朝鮮がここにきて南北対話に応じようとする背景には、相次ぐ国連制裁で石油禁輸が強化されたことの影響もあるのではないか。当面は備蓄や密輸でしのげても、将来的な展望を描くのは難しいからだ。

 文政権にはそうした北朝鮮側の事情を逆手に取って、核・ミサイル問題の解決につながる端緒を見いだす戦略が求められる。

 そのためには北朝鮮の意図を冷徹に見極め、日米と緊密に協議しながら対話に臨むことが必要だ。両国との連携は、北朝鮮と交渉する韓国の立場を強めるものである。

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集