イラン

保守派巻き返し、各地で集会 デモの3州に部隊

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】イランで続く反政府デモで参加者の一部がイスラム革命体制の打倒を訴えている状況を受け、体制護持を掲げる保守強硬派は3日以降、最高指導者ハメネイ師に忠誠を誓う集会を各地で開催した。保守系のタスニム通信などが伝えた。動員されたのは数千人規模と伝えられ、イラン指導部が巻き返しを図っている模様だ。

 集会参加者はデモ隊を称賛するトランプ米大統領を非難。イスラム教シーア派の聖地コムでは「米国の手先に死を」などの声が上がった。ハメネイ師は今回のデモの背景に外国勢力の存在があるとの認識を示している。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文811文字)

あわせて読みたい

注目の特集