メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮展望2018

米専門家に聞く/上 交渉、早くて半年先 カーネギー国際平和財団副会長 ダグラス・パール氏

 トランプ政権の北朝鮮政策は成功、失敗の両面がある。国連安全保障理事会で中露両国の賛成を得て厳しい制裁決議を採択し、国際社会に北朝鮮との関係を根本的に見直すようメッセージを送ることができた点は成功した。

 失敗は2点ある。ひとつは、北朝鮮問題を最も緊急な課題に据えてしまったことだ。政権は危機を実態以上に大きく捉える考えに取りつかれてしまっている。結果を得ようとして圧力を高めている。北朝鮮の反発を招き、意欲的な核・ミサイル計画の進展を助けてしまった面は否めない。

 二つ目は、中国が問題解決の鍵を握ると思い込んでしまったことだ。もちろん中国が重要な役割を果たすことには違いないが、すべてを解決できるわけではない。中朝関係は冷え込んでいる。だから成果が上がらない。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです