メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

夢を語る=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 2年前のことだ。地域の大人として招かれて、宮城県気仙沼市の小学校へ出かけた。5年生の男の子が、クラスの代表としてみんなの前で夢を語った。「僕は、震災前のあの気仙沼を取り戻せるよう、将来は復興に役立てる人材になりたいです。そのために、勉強を頑張りたいと思います」

 どきっとした。東日本大震災の時、その子は幼稚園の年長だった。「あの気仙沼を取り戻せるよう、復興に役立てる人材になりたい」という言葉を彼はどれほどの実感を持って言っているのだろう。復興のために汗をかく大人たちを見て、自分も役に立ちたいと思ったのかもしれない。だがそれだけでなく、「大人たちが期待しているの…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです