メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

広辞苑、戦後の世相映す 10年ぶり改訂「ブラック企業」など1万語追加

 <access>

 10年ぶりの改訂となる「広辞苑」第7版が今月12日に出版される。1955年の初版から改訂を通して見えてくるのは言葉の歴史であり、言葉を生み出した日本の戦後史だ。辞書編集歴20年余という岩波書店辞典編集部の平木靖成副部長(48)に、その魅力を聞いた。

 広辞苑には大きな二つの特徴がある。

 一つの言葉からさまざまな意味が派生している場合、古い順に記す。「日本語を習いたての外国人に勧められません。『やさしい』を引くと最初に『身も痩せるように感じる。恥ずかしい』と出てきます」と平木さん。確かに、恥ずかしいと感じた外国人が「やさしい!」と叫ぶのはまずいかも。収録語数で差のない三省堂の「大辞林」は、逆に新しい意味から載せている。

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1281文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  4. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです