メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/153 第4章 33=高村薫 多田和博・挿画監修

 雨上がりの多磨駅の朝は、電車が入るたびにスポーツ少年たちやハイキング客、あるいは運転免許試験場へ行くのだろう急ぎ足の老若男女があふれだし、小野は眼(め)の不調も忘れて切符の回収に、券売機の調整に、道案内にと忙しい時間を過ごす。人が何と言おうと駅員であることに過不足を感じない、余計なことも考えないひとときは、このところ続いている結婚式の準備の煩雑さへの嫌気をちょっと薄めてくれる。

 昨日も、挙式での頼まれ仲人を、優子の勤める信金の支店長にするか、小野のほうの佐藤助役にするかで揉(…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文924文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. 仏国鉄スト 国民、生活の不便さ許容 「闘争」見守る
  3. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
  5. 将棋 「楽しそうに勉強」藤井七段に驚き 師匠・杉本七段

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]