メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

日馬富士暴行問題 貴乃花親方、理事解任 全会一致で 「役割果たさず」 評議員会

日本相撲協会の臨時評議員会を終え、貴乃花親方の理事解任決定について記者会見する池坊保子議長=東京・両国国技館で2018年1月4日午後0時36分、竹内紀臣撮影

 日本相撲協会の4日の臨時評議員会で、貴乃花親方(元横綱)は正式に理事を解任された。被害者側の貴乃花親方の処分は、傷害事件を起こした元横綱・日馬富士の監督責任を取り、理事を辞任した伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と同じ2階級降格の役員待遇委員に。協会は大相撲初場所(14日初日、東京・両国国技館)を前に、事件発生から約3カ月を要して関係者の一連の処分を終えた。

 臨時評議員会に出席したのは力士出身者3人と、池坊保子議長(元副文部科学相)と小西彦衛氏(公認会計士)の外部有識者2人の計5人。海老沢勝二(元NHK会長)、千家尊祐(出雲大社宮司)の両氏は欠席したが定足数の4人を満たした。八角理事長(元横綱・北勝海)と協会ナンバー2の尾車事業部長(元大関・琴風)も同席。約1時間の会議の末、貴乃花一門の大嶽親方(元十両・大竜)も賛成に回り、全会一致で解任を決議した。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 槙原敬之容疑者「18年以降はやっていない」 覚醒剤所持容疑 パイプ唾液DNA一致

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 路上喫煙注意され鉄パイプで襲撃 親子を殺人未遂容疑で逮捕 大阪・吹田

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです