メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命の重み

ペットを飼うということ 尊いからこそ譲渡で

譲渡会で新しい飼い主が見つかったミニチュアダックスフント=大阪市住之江区の市動物管理センターで、倉田陶子撮影

 今年こそ殺処分をゼロに--。動物愛護にかかわるすべての人たちはそう願っている。環境省のまとめでは2016年度、全国で5万5998匹の犬猫が殺処分された。06年度の約34万匹と比較すれば、10年間で6分の1まで減ってはいるものの、ゼロにはほど遠いのが現状だ。犬猫を保護する自治体も譲渡に力を入れるなど、殺処分をなくす努力を続けている。

 「うちの子になってくれる?」。昨年12月の週末、大阪市動物管理センター(大阪市住之江区)で譲渡会が…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです