政府

羽生氏と井山氏に国民栄誉賞 正式決定 2月に授与

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
羽生善治氏(左)と井山裕太氏
羽生善治氏(左)と井山裕太氏

 政府は5日、将棋で初めて永世7冠を達成した羽生善治氏(47)と、囲碁で初の2度にわたる7冠独占を果たした井山裕太氏(28)=本因坊文裕(もんゆう)=に国民栄誉賞を授与することを正式に決定した。安倍晋三首相が決定し、菅義偉官房長官が同日午前の閣議に報告した。同賞を授与する表彰式は2月13日に首相官邸で行う。将棋、囲碁の棋士の受賞はそれぞれ初めてとなる。

 菅氏は閣議後の記者会見で、両氏への授与の理由について「歴史に刻まれる偉業を達成された。多くの国民に夢と感動を、社会に明るい希望と勇気を与えることに顕著な業績があった」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文715文字)

あわせて読みたい

注目の特集