メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症研

梅毒患者5000人突破 都市部で目立つ感染

 性行為などで感染する梅毒が若い女性らに広がり、国立感染症研究所の集計によると2017年の患者数は、現行の集計方式となった1999年以降で初めて全国で5000人を超えたことが分かった。うち3割を占め、患者数が最多の東京都は感染拡大に歯止めをかけるため、18年度から検査態勢拡充などの対策に本腰を入れる方針だ。

 同研究所によると、昨年12月17日までに報告された患者数は5534人。都道府県別で見ると東京都が1…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文674文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  4. 第100回全国高校野球 大阪大会、来月7日開幕 南北の2地区で /大阪
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]