メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲

国民投票法改正案提出目指す

立憲民主党の枝野幸男代表=宮武祐希撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表は4日の記者会見で、憲法改正の国民投票法について「広告宣伝規制などで大きな欠陥がある。改正案の提出を視野に議論を進めたい」と述べた。通常国会への改正案提出を目指す。国民投票運動では、投票日前の一定期間を除いて、賛否を勧誘する広告放送に規制がなく、資金力が豊富な陣営が有利とされる。

 枝野氏はまた、「皇位継承の安定に関する検討委員会」を設置し、女性宮家創設に関する党内の議論を始める方針も示した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
  2. 与野党幹事長会談 緊張感に欠け 福山氏欠席、二階氏遅刻
  3. 台湾地震募金デマ 募金「届かぬ」拡散6万 投稿男性仰天
  4. 大杉漣さん死去 バイプレイヤーズ4、5話の放送を発表
  5. 超新星 爆発の瞬間 アルゼンチンのアマ天文家が偶然撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]