メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貴乃花理事解任

評議員会「処分妥当」「役割果たさず」

日本相撲協会の臨時評議員会を終え、記者会見で貴乃花親方の解任決定について話す池坊保子議長=東京・両国国技館で2018年1月4日午後0時35分、竹内紀臣撮影

 日本相撲協会の4日の臨時評議員会で、貴乃花親方(元横綱)は正式に理事を解任された。被害者側の貴乃花親方の処分は、傷害事件を起こした元横綱・日馬富士の監督責任を取り、理事を辞任した伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)と同じ2階級降格の役員待遇委員に。協会は大相撲初場所(14日初日、東京・両国国技館)を前に、事件発生から約3カ月を要して関係者の一連の処分を終えた。

 この日の臨時評議員会に出席したのは力士出身者3人と、池坊保子議長(元副文部科学相)と小西彦衛氏(公認会計士)の外部有識者2人の計5人。海老沢勝二(元NHK会長)、千家尊祐(出雲大社宮司)の両氏は欠席したが定足数の4人を満たした。八角理事長(元横綱・北勝海)と協会ナンバー2の尾車事業部長(元大関・琴風)も同席した。約1時間の会議の末、評議員の一人で貴乃花一門の大嶽親方(元十両・大竜)も賛成に回り、…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  2. 認知症への理解を 姫路城など34都道府県100カ所をオレンジでライトアップ

  3. ピンチ救った8球 巨人・鍵谷の切れるスライダー、1死満塁しのぐ

  4. 巨人が逆転勝ち2連勝 松原、中島ソロ 吉川尚、坂本適時打

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです