メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

財務省官房長 矢野康治(55)

矢野康治氏

直感を大事にしつつ自己検証

 私は、課長補佐時代を、税務署長帰りの国税庁総務課で2年、ハーバード大学国際問題研究所で1年、証券局で2年、主税局で4年、秘書課で1年(2年目は企画官)を過ごしました。わずか10年間の補佐生活でしたが、いずれも濃密そのものでした。

 国税庁では機構定員の担当として、納税者数の局間変動に合致していない定員配分の大胆な見直しに着手したり、本庁に集まっていた過員を“平成の人返し令”と称して局や署に戻して調査実働へ移し替えたり、行政手続法(案)が例外なく国税や警察の現場にまで適用されそうになっていたのを外してもらうように必至に動き回りしました。

 証券局証券市場課では、デリバティブ担当で、当時は引継書も教本もなく、英英辞典を引く五里霧中の勉強で…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文862文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  2. 西日本豪雨 元広島・黒田さん、義援金1000万円寄付
  3. 茨城・大洗町 財政難で救急車老朽化も買い替えできず
  4. 西日本豪雨 誘導警官2人犠牲に 遺族「誇りに思う」
  5. 西日本豪雨 「見捨てたりしない」命救う無名のボート

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]