メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村山祥栄氏

観光インフラ整備に「宿泊税」を提言、実現する

 税収の確保は自治体の生命線であり、とりわけ法定外新税の導入は地域主権の観点から大変重要な課題でもある。予算の使い方だけでなく、予算の確保策についても議会サイドからしっかり提言していくことが重要だと考え、法定外新税の導入を提言した。

 京都市は財政基盤が極めて脆弱であり、急増する観光客に対するインフラ整備が間に合っていない。市民からは「なぜ我々の税金が観光ばかりに使われるのか?観光客のせいで渋滞はするし地元は大変!」と、観光政策に対する不満が聞こえる。観光インフラはまだまだ不足しているのだが、その整備を市民の税金だけに頼るのも限界に来ている。

 そこで、応益負担の観点に基づき観光客にも一部ご負担いただく「観光税」を導入すべきであるとの結論に至…

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1385文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 警察がユニークなポスターで若者「確保」 志望者減続き
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 竹島、最古の地図発見 1752年に航路示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです