メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

密漁 装備高度化、悪質巧妙化の実態

巡視船から降ろされた搭載艇が中国のサンゴ密漁漁船(手前)に接近し、停船を命じる=小笠原沖で2014年10月(海上保安庁提供)

国際協定加盟で違法操業に包囲網

 昨年11月から日本海沿岸で北朝鮮籍らしき船の難破や漂着が相次ぎ騒ぎとなった。一部の乗組員は保護されたが、漂着船から遺体が見つかったものもあった。すべてが密漁目的だったかは明らかではないが、日本の排他的経済水域(EEZ)での外国船の密漁は絶えない。一方で政府は昨年、各国との連携で違法操業を締め出す国際協定に加盟した。密漁への対処は万全だろうか。

 オホーツク海に臨む北海道・紋別は11月中旬ともなると、午後4時前に日没を迎える。沖の船影は程なく消…

この記事は有料記事です。

残り2303文字(全文2541文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです