メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・あしたの日本へ

NPO法人災害救助犬ネットワーク理事長・津田光さん

津田光さん

ハンドラーの知識、能力、訓練が必要

 倒壊した家屋やガレキの下敷きになっている人を見つけ出す災害救助犬の活躍ぶりが、災害現場に早く駆けつける救助隊とともに注目されている。しかし、自治体と救助犬団体の間では出動協定はあるものの、国の地震対策の計画には救助犬の活動は位置づけられていない。津田光さんは、救助犬への認識を高めてもらうために「犬を扱うハンドラーに現場対応ができる最低限の安全管理の知識、能力、訓練が必要」と話している。(聞き手 本誌・宗岡秀樹)

 --災害救助犬はいろいろな現場で活躍していますね。

この記事は有料記事です。

残り2656文字(全文2907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ
  2. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  3. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  4. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中
  5. 銭湯図解 心癒やされるとツイッターで話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです