メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

玉木宏 13日公開、映画「悪と仮面のルール」主演 独特の世界、映像化に腐心

映画「悪と仮面のルール」主演の玉木宏=菅知美撮影

 13日公開の映画「悪と仮面のルール」で、世に災いをもたらす「邪」の家系に生まれ、その運命にあらがう文宏を演じる。

 文宏は初恋の相手・香織(新木優子)を守るため、父親を殺害して失踪。十数年後、整形手術で顔を変え、再び彼女の前に現れる。「香織に出会ったために、純粋な悪になりきれず、善悪のはざまでさまよい続ける。彼の葛藤を演じるのは、やりがいがありました」と手応えを語る。香織を守るため、再び殺人を犯す文宏。敵に向ける冷徹な表情と、香織の前で見せる少年のような仕草が同居する。「外の世界をあまり知らない分、素直で、心は意外と弱い。そこに人間味があふれている」と語る。

 原作は芥川賞作家・中村文則の同名小説。先の見えないスリリングな展開や、意外なラストに引き込まれたと…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです