メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不妊治療休暇

越前市、県内自治体で初導入 年12日間取得可能 /福井

 越前市は1日、市職員が不妊治療を受ける場合に、男女問わず年12日間を特別休暇として取得できる制度を始めた。診断書は不要。同様の制度は千葉、茨城、岡山の各県にあるが、福井県内の自治体では初めて。

 市は2016年4月、仕事と子育てのワーク・ライフ・バランス向上のための行動計画を策定し、「不妊治療に係る…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです