メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

共生のキャンパスへ 障害のある学生ら「違い受け入れて」 龍谷大 /京都

 龍谷大は、在学生や教職員らが気にし合い、助け合える「共生のキャンパスづくり」をテーマにシンポジウムを開いた。大学生活で悩んでいることなど、障害のある学生らがそれぞれの思いを披露し理解を呼びかけた。

 車いすを使用する経営学部4年、今浦真生さん(22)は、「友人になった人に『思った以上に普通やな』と言われ、親しくなれてうれしい半面、みんなの『普通』に入らなければいけないことに疑問を感じた」と話し、「違いを受け入れられるキャンパスになってほしい」と語った。

 聴覚障害のある農学部2年の吉本達也さん(20)は、手話とパワーポイントを使い発表。筆談しようと紙を…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです