メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

準決勝 東海大仰星と大阪桐蔭 これぞ浪速の底力 /大阪

【東海大仰星-東福岡】後半、混戦からパスを出す東海大仰星SH松木選手=東大阪市花園ラグビー場で、平川義之撮影

 東大阪市花園ラグビー場で開かれている第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高体連など主催)は5日、準決勝2試合があった。東海大仰星は、前回決勝で惜敗した東福岡を21-14で破った。大阪桐蔭は、終盤粘る桐蔭学園(神奈川)を12-7で振り切った。「大阪対決」となる決勝は8日午後2時から同ラグビー場で。【加藤佑輔、山本愛、長宗拓弥、日向梓】

東海大仰星 21 14-0  14 東福岡

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです