メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

ニホンオオオカミ絵本コンで受賞、「おじいさんの木」が本に 東吉野 /奈良

出版された絵本「おじいさんの木」

 ニホンオオカミが最後に確認された地、東吉野村が募集した「ニホンオオカミ手作り絵本コンクール」で審査員特別賞に選ばれた「おじいさんの木」(リーブル出版)が刊行された。同コンクールの受賞作の出版は3冊目で、村教委で販売されている。

 作者は、埼玉県出身で岩手県に住む、おおかわよしえさん。物語は、主人公の少女「さき」がドングリを探しに、山奥にあり、曽祖母が名付けたという「おじいさんの木」へと向かい、オオカミの子と出会う…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 多言語 母国語を大切に 日本の絵本から翻訳、ネット公開
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです