メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆ドーム景観

左右18度「建物なしに」 広島市審議会部会、基本方針を確認 /広島

(上)景観の検討のため、原爆ドームの背景に建物が見えない場合を想定して作成した合成写真。両側の網掛けを除く部分が、人が原爆ドームを注視した時の視野とされる左右約18度の範囲という (下)原爆ドームの背後に広島商工会議所ビルなどが見える現在の様子=いずれも広島市提供

 原爆ドーム周辺の景観について検討している広島市景観審議会の部会は、原爆資料館本館下から原爆ドームを注視した時に視野に入るとされる左右それぞれ約18度を「原爆ドームの背景として大切にしたい範囲」であるとして、「範囲内に建物が何も見えない状態が目指すべき姿の基本」という意見で一致した。部会は3月までに景観のあり方の素案をまとめ、来年度に答申する方針。【竹下理子】

 市は2016年のオバマ前米大統領の訪問をきっかけに、原爆慰霊碑の背後に原爆ドームが重なる景観が「広島の象徴」として発信される意義を再認識。06年に市が策定した「平和記念施設保存・整備方針」や要綱では、原爆ドーム周辺について「世界遺産に相応しい景観形成に努める」とし、建物の高さを20~50メートルの4段階で制限するが、法的拘束力はない。このため、市は法的規制も視野に、具体的なあり方を検討するよう昨…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. ガチャピン、ムックが「目指せ消防士」 東京消防庁が動画作成、防災を啓発

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです