AI

導入企業47% 効率化へ研究進む 主要121社調査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国内の主要企業121社を対象に、毎日新聞が人工知能(AI)の活用状況を尋ねるアンケートを実施したところ、5割弱が一部業務で既に導入していると回答した。具体的な導入予定がある企業と合わせると7割近くに達した。人手不足が進み、長時間労働の是正も求められる中、業務効率化のための導入が今後も広がりそうだ。専門家は「人の仕事の一部はAIに代替されていく」と予想している。(社会面に「縮む日本の先に」)

 昨年12月に景気アンケートとともに実施した。業務を一部でもAIに置き換えているか聞いたところ、33社(27%)が「既にあり、さらに拡大予定」と回答した。導入実績が「ある」とだけ回答した24社(20%)と合わせると47%に達した。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文936文字)

あわせて読みたい

注目の特集