メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

多様な経営主体の協業による地域づくり=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 かつてない農業ブームである。多くのメディアが「もうかる農業」に向けて、ITやロボットを取り入れた「農業新時代」の到来をうたっている。日本経済調査協議会が昨年9月に開いたシンポジウム「日本農業の20年後を問う」は、2年にわたる議論の成果をまとめ、我が国の農業が目指すべき一つの方向を示した。農業就業者の高齢化と後継者の減少、耕作放棄地の増加に歯止めがかからない一方、IT化が農業にも異次元の進歩をもたらそうとしているという思いがあるようだ。

 とはいえ、「乱暴な議論」と思えるのは、報告書が「未知の世界に対応するには、日本農業にも不連続な対策…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文726文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです