メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第34回 『曽我物語』 案内人・酒井順子(その1)

曽我兄弟が密談のため、とどろきを止めたという「音止の滝」と酒井順子さん=静岡県富士宮市で、小出洋平撮影

 姿もめでたい霊峰富士は、伝説の宝庫でもある。中でも極めつきは、兄弟が本懐を遂げる『曽我物語』。敵討ちの初めと終わりの現場を、酒井順子さんが訪ねた。

 年末年始は、仇(あだ)討ちの季節。「忠臣蔵」の扮装(ふんそう)を見れば「今年も終わり」と思いますし、曽我兄弟の仇討ちを題材とした歌舞伎を観(み)れば、「新しい年がきた」と思う。

 しかしなぜ曽我物は、正月の風物詩なのでしょうか。十二月に行われた赤穂浪士の討ち入りが季節と結びつくのは、わかる。対して曽我兄弟の仇討ち決行は、五月。その上、兄弟は仇討ち後に死んでいるわけで、決してめでたい物語ではありません。いかにもめでたい「助六」にも、変装した曽我兄弟が登場するけれど、遊郭でそんなことをしている場合なのか?

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです