メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第34回 『曽我物語』 案内人・酒井順子(その1)

曽我兄弟が密談のため、とどろきを止めたという「音止の滝」と酒井順子さん=静岡県富士宮市で、小出洋平撮影

 姿もめでたい霊峰富士は、伝説の宝庫でもある。中でも極めつきは、兄弟が本懐を遂げる『曽我物語』。敵討ちの初めと終わりの現場を、酒井順子さんが訪ねた。

富士の裾野で遂げた本懐

 年末年始は、仇(あだ)討ちの季節。「忠臣蔵」の扮装(ふんそう)を見れば「今年も終わり」と思いますし、曽我兄弟の仇討ちを題材とした歌舞伎を観(み)れば、「新しい年がきた」と思う。

 しかしなぜ曽我物は、正月の風物詩なのでしょうか。十二月に行われた赤穂浪士の討ち入りが季節と結びつく…

この記事は有料記事です。

残り1196文字(全文1420文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです