メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第34回 『曽我物語』 案内人・酒井順子(その2止)

曽我兄弟が眠る城前寺敷地内には幼いころの銅像がある=神奈川県小田原市で

 五郎の首を洗ったとされるのは、静岡県富士市の曽我八幡宮の近くにある、「五郎の首洗い井戸」。場所がわからずに近所のご婦人に尋ねると、親切に連れていってくださいました。

 今は井戸は無くなっていますが、史跡であることを示す石碑の周囲は、きれいに整備されています。ご婦人によれば、

 「町会の人たちで、交代で草刈りをしています」

 とのこと。曽我兄弟の物語の痕跡は、今も大切に守られているのです。

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです