メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第34回 『曽我物語』 案内人・酒井順子(その2止)

曽我兄弟が眠る城前寺敷地内には幼いころの銅像がある=神奈川県小田原市で

 五郎の首を洗ったとされるのは、静岡県富士市の曽我八幡宮の近くにある、「五郎の首洗い井戸」。場所がわからずに近所のご婦人に尋ねると、親切に連れていってくださいました。

 今は井戸は無くなっていますが、史跡であることを示す石碑の周囲は、きれいに整備されています。ご婦人によれば、

 「町会の人たちで、交代で草刈りをしています」

 とのこと。曽我兄弟の物語の痕跡は、今も大切に守られているのです。

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです