メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第34回 『曽我物語』 案内人・酒井順子(その2止)

曽我兄弟が眠る城前寺敷地内には幼いころの銅像がある=神奈川県小田原市で

 五郎の首を洗ったとされるのは、静岡県富士市の曽我八幡宮の近くにある、「五郎の首洗い井戸」。場所がわからずに近所のご婦人に尋ねると、親切に連れていってくださいました。

 今は井戸は無くなっていますが、史跡であることを示す石碑の周囲は、きれいに整備されています。ご婦人によれば、

 「町会の人たちで、交代で草刈りをしています」

 とのこと。曽我兄弟の物語の痕跡は、今も大切に守られているのです。

この記事は有料記事です。

残り1261文字(全文1454文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです