メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

笑福亭松喬の襲名披露全国興行 「上方」の存在感アップ 伝統へのこだわりと創意工夫で

 昨秋、江戸時代から続く由緒ある名跡を七代目として継いだ笑福亭松喬(しょきょう)が、襲名披露興行で全国を回っている。上方落語の伝統へのこだわりと、柔軟な創意工夫のセンスを併せ持つ実力派で、次代を担う看板と期待される存在だ。

 襲名披露は昨年10月、大阪・道頓堀の大阪松竹座で始まった。松喬は「初天神」(昼の部)と「三十石」(夜の部)を披露。「三十石」は、かつて京-大坂間を行き来した三十石船の道中をスケッチした噺(はなし)で、大舞台での演目に選んだ理由を、「やっぱり大阪弁で聴いてほしいし、上方のテリトリーの噺だと皆さんに思ってもらいたかった」と話す。江戸落語でも演じられるが、本来は大坂からの伊勢参りの帰路を描いた古典。「本家」を自負する松喬は、東西の人気落語家が集う博多・天神落語まつり(昨年11月)でも披露し、今後の全国公演でも手がける予定という。

 兵庫県出身の56歳。1983年、上方落語四天王の一人、六代目笑福亭松鶴(しょかく)の弟子で、古典の名手として知られた先代(六代目)松喬(当時・鶴三(かくざ))に入門し、笑三(しょうざ)を名乗った。87年、三喬に改名。下町の長屋にいそうな親しみやすいキャラクターで、特におっちょこちょいな泥棒が登場する滑稽(こっけい)噺を得意としたことから「泥棒三喬」の異名も。「楽しくて笑いが多い」という上方落語ら…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです