全国高校ラグビー

大阪桐蔭12-7桐蔭学園 大阪桐蔭、ゴール前守り抜く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半8分、大阪桐蔭がスクラムから右へ展開、FB杉原がタックルをかわしトライ=猪飼健史撮影
【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半8分、大阪桐蔭がスクラムから右へ展開、FB杉原がタックルをかわしトライ=猪飼健史撮影

 (5日・東大阪市花園ラグビー場)

桐蔭学園(神奈川) 反3

 0 0 0 0 0 1 1 0 0 7  7

 T G P D 前 T G P D 後  計

 1 1 0 0 7 1 0 0 0 5 12

大阪桐蔭(大阪第1) 反6

 ▽主審=橋元教明

 大阪桐蔭が守り切った。前半8分、FB杉原が先制トライ。後半2分に相手ゴール前から左へつなぎ、WTB美登路のトライでリードを広げた。桐蔭学園は後半24分に細木が押し込んで1トライ差に迫り、その後も攻め立てたが、及ばなかった。

 約8分に及んだロスタイムをしのぎ切った大阪桐蔭の選手たちが、歓喜のこぶしを突き上げた。「ディフェンスの粘り勝ち」という綾部監督の言葉に感慨がこもった。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1130文字)

あわせて読みたい

ニュース特集