米大リーグ

メジャー元年、燃える大谷 自主トレ公開「キャンプから勝負」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自主トレをするエンゼルスの大谷=丸山博撮影
自主トレをするエンゼルスの大谷=丸山博撮影

 日本ハムから米大リーグのエンゼルスへ移籍した投打の「二刀流」大谷翔平投手(23)が5日、千葉県鎌ケ谷市の日本ハムの施設で自主トレーニングを公開した。大谷は大リーグ1年目に向け、具体的な数字などの目標は口にしなかったものの、「キャンプから勝負。1年目なので、(シーズン開幕に向けて)いいものを見せていきたい」と決意を語った。

 この日は約2時間半、ランニングや変化球を交えたキャッチボール、マシン打撃のメニューを丁寧にこなした。エンゼルスの春季キャンプ(米アリゾナ州テンピ)は、バッテリー組が2月14日から始動し、マイナー契約の大谷は招待選手として参加する。昨年10月に手術を受けた右足首の状態について、大谷は「(キャンプインの時には)100%でいけると思っている」と、順調に回復している様子だ。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文487文字)

あわせて読みたい

ニュース特集