連載

縮む日本の先に

都市部への人口流入の陰で、地方は深刻な過疎化と高齢化に直面している。財政赤字に苦しむ国の支援には限界があり、地方が目指す未来には不透明感が漂う。人口減と向き合う自治体や住民の思いを交えながら、地方が存続するための処方箋を探る。

連載一覧

縮む日本の先に

AIと生きる/6 地域FM、姿なきアナ 疲れ知らず、災害で真価

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ナナコを開発したエフエム和歌山の山口誠二さん(左)は「AIアナウンサーは災害時の備えです」と話す。河西美紀さん(右)はナナコの機能を聞いて感心した=東京都世田谷区のエフエム世田谷で2017年12月、佐々木順一撮影
ナナコを開発したエフエム和歌山の山口誠二さん(左)は「AIアナウンサーは災害時の備えです」と話す。河西美紀さん(右)はナナコの機能を聞いて感心した=東京都世田谷区のエフエム世田谷で2017年12月、佐々木順一撮影

 年が明けた和歌山市内。ラジオから発声の間やイントネーションがぎこちない女性の声が聞こえてきた。「明けましておめでとうございます。人工知能から生まれたアナウンサー『ナナコ』です」。コミュニティーFM局「エフエム和歌山」は昨夏、文章を読み上げる人工知能(AI)のウェブサービスを活用して、姿も形もない「AIアナウンサー」システムを導入した。

 FM和歌山の周波数は87・7メガヘルツ。ナナコは局の愛称「バナナFM」にちなんで名付けられた。男性版は「八太郎」という名前だ。職員は7人。他に週1回程度番組を担当するパーソナリティーが50人ほどいるが、他に仕事をしている人が多く、常駐しているわけではない。職員もいない休日や夜間は録音番組や音楽を流している。

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1544文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集