メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/6 地域FM、姿なきアナ 疲れ知らず、災害で真価

ナナコを開発したエフエム和歌山の山口誠二さん(左)は「AIアナウンサーは災害時の備えです」と話す。河西美紀さん(右)はナナコの機能を聞いて感心した=東京都世田谷区のエフエム世田谷で2017年12月、佐々木順一撮影

 年が明けた和歌山市内。ラジオから発声の間やイントネーションがぎこちない女性の声が聞こえてきた。「明けましておめでとうございます。人工知能から生まれたアナウンサー『ナナコ』です」。コミュニティーFM局「エフエム和歌山」は昨夏、文章を読み上げる人工知能(AI)のウェブサービスを活用して、姿も形もない「AIアナウンサー」システムを導入した。

 FM和歌山の周波数は87・7メガヘルツ。ナナコは局の愛称「バナナFM」にちなんで名付けられた。男性版は「八太郎」という名前だ。職員は7人。他に週1回程度番組を担当するパーソナリティーが50人ほどいるが、他に仕事をしている人が多く、常駐しているわけではない。職員もいない休日や夜間は録音番組や音楽を流している。

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです