メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/6 地域FM、姿なきアナ 疲れ知らず、災害で真価

ナナコを開発したエフエム和歌山の山口誠二さん(左)は「AIアナウンサーは災害時の備えです」と話す。河西美紀さん(右)はナナコの機能を聞いて感心した=東京都世田谷区のエフエム世田谷で2017年12月、佐々木順一撮影

 年が明けた和歌山市内。ラジオから発声の間やイントネーションがぎこちない女性の声が聞こえてきた。「明けましておめでとうございます。人工知能から生まれたアナウンサー『ナナコ』です」。コミュニティーFM局「エフエム和歌山」は昨夏、文章を読み上げる人工知能(AI)のウェブサービスを活用して、姿も形もない「AIアナウンサー」システムを導入した。

 FM和歌山の周波数は87・7メガヘルツ。ナナコは局の愛称「バナナFM」にちなんで名付けられた。男性…

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです