メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症と司法

公判停止、10年で9件 意思疎通能力、認定厳しく

認知症を理由に公判を停止した主なケース

 全国の刑事裁判で、被告が認知症であることを理由に「訴訟を続ける能力がない」として、裁判を中断したり、打ち切ったりしたケースが過去10年間で少なくとも9件あることが、毎日新聞の調査で分かった。会話が成り立たなかったり、記憶力が保てなかったりするケースで、認知症患者が増える中、専門家は「症状が軽くても公判で自らに不利な供述をしてしまうケースがあり、裁判所は慎重に対応すべきだ」と指摘している。

 毎日新聞は、複数の判例データベースや弁護士、検察などへの取材に基づき、2008~17年の裁判例を分…

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1226文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  3. 東京 手作り傘屋、別れの涙雨 台東区の老舗、来月閉店
  4. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  5. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]