メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アラブ首長国連邦

ラクダ専門病院 レースでのけが治療

昨年12月にオープンしたラクダ専門の病院に、足の手術のために運び込まれるラクダ=アラブ首長国連邦のドバイで2017年12月11日、ロイター

 【カイロ篠田航一】ラクダのレースが盛んなアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで昨年12月、総工費4000万ディルハム(約12億2600万円)をかけたラクダ専門の病院がオープンした。ロイター通信などが伝えた。ラクダだけに特化した本格的な医療施設は世界初と報じられている。

     治療対象は主にレースでけがをしたラクダで、獣医師のチームが同時に20頭を治療できる。院内にはラクダが横になれる大型の診察台などを設置。レントゲン検査は110ドル(約1万2000円)、手術は1000ドル(約11万2000円)から受け付ける。

     遊牧民の伝統を受け継ぐラクダレースはペルシャ湾岸諸国で盛んで、競売では数百万ドルの値が付くラクダもいるという。治療後、レース「復帰」に向け、ラクダが軽く運動できるようなエリアも設けている。同病院は地元メディアに「治療だけにとどまらず、ラクダの生態の研究機関としても活動する」と述べている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
    3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
    4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]