メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
出初め式

木密地域想定の消火訓練 東京で2800人参加

 東京消防庁の出初め式が6日、東京都江東区の東京ビッグサイトで開かれた。職員や消防団員ら約2800人が参加し、江戸時代の「火消し」の伝統を継ぐはしご乗りや、木造建築物の密集地域(木密地域)で発生した火災を受けた訓練が披露された。

 音楽隊などによるパレードに続き、昨年8月の築地場外市場火災や、一昨年1…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです