メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡城

寄付低迷で潮見櫓着工できず 福岡市がPR強化

福岡城復元の一環で市が進めている「多聞櫓」の修復工事の見学会=2017年11月23日、合田月美撮影

 福岡城(福岡市中央区)を復元する費用に充てるため、福岡市が設立した基金への寄付が思うように集まっていない。2014年に始め、現状はまだ目標の半分程度。28年度までに復元する計画だが、基金を活用して復元する「潮見櫓(しおみやぐら)」は18年度完成の予定が、まだ着工もできていない状態だ。計画内容の見直しを迫られる恐れもあり、市は基金の周知不足が原因とみてPRを強化する。

 福岡城は福岡藩初代藩主となった黒田官兵衛と、子の長政が1601年から7年がかりで築城した。軍師とし…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  5. 石川、五輪代表へ 平野にポイント差で 卓球グランドファイナル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです