訃報

星野仙一さん70歳=プロ野球、日本代表監督

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
星野仙一氏=根岸基弘撮影
星野仙一氏=根岸基弘撮影

 プロ野球・中日の投手として活躍し、中日、阪神、楽天の3球団と2008年北京五輪の日本代表で監督を務めた星野仙一さんが4日、亡くなった。70歳。球団副会長を務める楽天が6日に発表した。選手、監督として闘志をむきだしにしたプレーと指揮ぶりが多くの野球ファンに愛された。

 楽天によれば16年7月に急性膵炎(すいえん)発症をきっかけに膵臓がんが判明。昨年末に病状が悪化した。葬儀は本人の遺志で密葬で営み、後日お別れの会を開く。

 岡山県倉敷市出身。倉敷商高から明治大を経て、1969年、ドラフト1位で中日に入団した。74年には先発、救援でフル回転し、巨人の10連覇を阻止して球団20年ぶりのリーグ優勝に貢献。最多セーブと沢村賞も受賞した。82年に現役引退。通算成績は146勝121敗34セーブ、防御率3.60だった。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文743文字)

あわせて読みたい

注目の特集