メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁

寺田長官が最終登庁 8日付で定年退官

寺田逸郎長官

 8日付で定年退官する寺田逸郎最高裁長官(69)は5日、最終登庁し、職員らから拍手で見送られて退庁した。3年9カ月の在任中、歴代長官でも多い10件の大法廷判断に関与した。9日には後任長官に大谷直人最高裁判事(65)が就任する。

 寺田氏は法務省民事局長や広島高裁長官を経て2014年4月、第18代最高裁長官に就任。全15裁判官が関与する大法廷では、裁判長として、民法の夫婦同姓規定を合憲とし、女性だけに離婚後6カ月間の再婚禁止期間を定めた規定…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです