メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁

寺田長官が最終登庁 8日付で定年退官

寺田逸郎長官

 8日付で定年退官する寺田逸郎最高裁長官(69)は5日、最終登庁し、職員らから拍手で見送られて退庁した。3年9カ月の在任中、歴代長官でも多い10件の大法廷判断に関与した。9日には後任長官に大谷直人最高裁判事(65)が就任する。

 寺田氏は法務省民事局長や広島高裁長官を経て2014年4月、第18代最高裁長官に就任。全15裁判官が関与する大法廷では、裁判長として、民法の夫婦同姓規定を合憲とし、女性だけに離婚後6カ月間の再婚禁止期間を定めた規定…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害、山田被告に死刑判決 大阪地裁
  4. 米LAの学校で壁画撤去中止 旭日旗に酷似、「表現の自由を」抗議殺到
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです