メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山電鉄

スピード出世 雌猫「よんたま」駅長に昇格

和歌山電鉄貴志川線・伊太祈曽駅の駅長の辞令を受け、駅長帽をかぶる「よんたま」=和歌山県紀の川市の貴志駅で2018年1月5日午前11時21分、木原真希撮影

貴志駅で就任式典 「業務態度」評価されて1年で

 和歌山電鉄・伊太祈曽(いだきそ)駅(和歌山市)の駅長見習いだった雌猫「よんたま」(1歳)が5日、駅長に昇格した。同電鉄の貴志駅(和歌山県紀の川市)で就任式典があり、ファンら約150人に祝福された。

 2015年に死んだ「たま駅長」らの後を継ぎ、昨年1月に見習いに。記念写真に納まるなど活躍し、「サービス精神旺盛な業務態度」が評価されて1年での出世となった。

 小嶋光信社長に辞令を交付され、新調した駅長帽をかぶせてもらい、満足した様子のよんたま。「看板猫として盛り上げニャー」と年始の誓い。【木原真希】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]