メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不漁

サンマ過去2番目のワースト水揚げ

全国のサンマ漁獲高の推移

 全国さんま棒受網漁業協同組合(東京都港区)は5日、2017年に全国で水揚げされたサンマの総量が7万7169トンだったと公表した。1948年以降では69年の5万2207トンに次ぐ過去2番目の少なさだった。ただ、3年連続の不漁を背景に値段は高値で推移し、一部の港では水揚げ金額はほぼ前年並みだった。

 同組合によると、2年連続の不漁だった16年よりさらに30%減った。漁港別では、北海道根室市・花咲港2万7237トン(前年比23%減)▽岩手県・大船渡港1万1088トン(同20%減)▽宮城県・気仙沼港9676トン(同28%減)--の順。全国5位の北海道・厚岸港が前年比39%減、同7位の釧路港も同48%減など、各地で前年実績を大幅に下回った。

 一方、3年連続の不漁を背景に、浜値(港での取引価格)の全国平均は1キロ当たり277.6円と前年より30.3%上昇。記録のある68年以降では82年の290.6円に次ぐ高値で推移し、量が減ったうえ魚体も全体的に小ぶりだったが、高い浜値に支えられた花咲港の水揚げ金額は前年並みの約93億2541万円だった。

 水産研究・教育機構東北区水産研究所(青森県八戸市)は「15、16年とは違って沿岸の海水温が比較的低く条件はそれほど悪くなかったが、圧倒的に資源量が少なかった」と指摘。「サンマは約20年間隔で極端な不漁になる傾向があり、これまでは1、2年で回復している」としている。【本間浩昭】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]