メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害救助犬

原点は「人が大好き」 命の現場で共に成長

 人が好き--。「それが災害救助犬の大前提だ」と、NPO法人救助犬訓練士協会(神奈川県藤沢市)の村瀬英博理事長(64)は言う。人の1億倍ともいわれる嗅覚を持ち、地震や水害、雪崩など災害が発生すると行方不明者の捜索に活躍する。人がいると信じ、危ない場所でも入っていく。時には一緒に遊んでほしくて、時にはハンドラー(指導手)に喜んでほしくて。人が大好きだから、一生懸命捜すのだという。それが「災害救助犬」だ。

 静かに、機敏に、走り回る。昨年12月、災害救助犬のオーラ(ホワイトシェパード、雄5歳)が、がれきの…

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1503文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]