がん研チーム

肺がん抑制に新手法 細胞内の輸送役を破壊

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
肺がん抑制のイメージ
肺がん抑制のイメージ

 既存の抗がん剤に耐性を持った肺がんに対し、細胞内で物質を輸送するゴルジ体を壊す新手法で、がん細胞の増殖を抑える効果を動物実験で確認したと、がん研究会(東京都江東区)と東京理科大のチームが米国のがん専門誌に発表した。胃がんでも同様の効果を確認しており、「新たな仕組みで幅広く使える日本発の分子標的薬が期待できる」としている。

 肺がんは国内のがんによる死因のトップで毎年約7万人が亡くなっている。このうち約3割の人は、遺伝子変異によって増殖を促す刺激を受け取りやすくなった受容体ががん細胞の表面にある。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文599文字)

あわせて読みたい

ニュース特集